アジアンバンクキャピタルトラストの資産管理・口座開設やデビットカードを紹介

企業

海外口座で預金や資産管理ができるオフショア銀行。アジアンバンクキャピタルトラストもその一つとして知られており、様々なサービスが展開・予定されています。同銀行の展開しているサービスや特徴、オフショア銀行として選ぶポイントなどを見ていきましょう。

資産管理やデビットカードなどの展開

アジアンバンクキャピタルトラストは、アメリカの首都であるワシントンD.Cにてライセンスを取得している信託銀行です。日本人が国内にいながら海外口座を開設するオフショア銀行としても知られており、資産管理や口座開設といった様々なサービスを展開しています。しっかり登記情報が公開されており、ワシントンD.Cのガバメントページで登記番号や所在地、銀行としての稼働状況などが確認できるようになっています。

同銀行は個人資産をUSドルで保有・運用できる定期預金が可能であり、公式に提供されているスマートフォンアプリから簡単に資産管理ができます。ネットバンキング機能の利用できる公式アプリでは、ビットコインなどのポピュラーな数種類の暗号資産からUSDでデポジットできる機能なども提供されており、利便性に磨きがかかっています。また、同銀行の口座開設時に発行されるVISAデビットカードでは、世界中のATMで出金ができるなどの特徴もあります。留学や出張などで海外に出向いた際に役立ちそうです。

Asian Bank – Google Play のアプリ

口座開設の手厚いサポート

オフショア銀行となる海外銀行への口座開設の際に、様々はハードルが懸念されます。例えば言語の違いによる問い合わせのしづらさや、銀行のある海外に赴くための費用・時間など…。アジアンバンクキャピタルトラストは「IVA(Infinity Value Affiliate)」と呼ばれる顧客対応のための提携サポートサービスによって、日本語での顧客対応や口座の開設のサポートを展開しています。そのため日本にいながら日本語で海外口座の開設のための対応をしてもらえるのがメリットです。

もちろん英語が苦手な人だけではなく、インターネットやアプリの操作が苦手な人にも丁寧なサポートをしていますよ。IDチェックやKYC(顧客確認)、AML(マネーロンダリングのチェック)など…口座の開設に必要な全ての手続きをオンライン・ペーパーレスで行えるとのことです。気になる人は、実際にどんな手順・どのくらいの時間で口座開設ができるのか、日本語サポートに問い合わせてみるのも良いでしょう。

デビットくん資産講座 │ オフショア銀行や口座開設について

オフショア銀行を選ぶポイント

オフショア銀行を持つメリットは、日本にはない政治・経済的なメリットを持つ国に資産を分散しておいておくことです。日本よりも預金金利が高いため、定期預金によって利子を多く請け取れます。また、デビットカードの発行や資産管理ができることで、海外出張・旅行の際に便利になる点も挙げられます。

様々なメリットを持つオフショア銀行は多く存在しているため、様々な銀行を吟味して慎重に選びましょう。アジアンバンクキャピタルトラストは2018年設立と、銀行としてはまだ若い方ですが、口座開設のサポートの手厚さなどのメリットもありますよ。